最初にレムリアン・シード・クリスタルが発見された鉱山の写真集

最初にレムリアン・シード・クリスタルが発見された鉱山
シーンさんとオリジナル・レムリアン鉱山の友人達

シーンさんとオリジナル・レムリアン鉱山の友人達

このページは、2007年に閉められた、最初にレムリアン・シード・クリスタルが発見されたセラ・デ・カブラル山にあった、オリジナル鉱山に実際に現場に行ってビジネス取引をしていた、神秘家で水晶ディラーでもあるシーン・ゼンジャさんの写真アルバムから、何枚かの写真と、彼の記事を基にして、許可をもらって使い、制作しました。

彼のサイトに行くとスライドショーで見られます、このサイトには一部分だけ掲載しているので、全部見たい方は、直接シーンさんのサイトに行って見てください。暫く時間をかけてググったのですが、私が見つけた中では、これだけ詳しく、統合的に写真アルバムを創って共有しているのは、シーンさんだけでした。

レムリアン・シード・クリスタルが好きな方には、非常に貴重な情報だと思います。シーンさんのオリジナル鉱山のスライドショーのサイトはこちらです:

最初に発見されたレムリアン・シード・クリスタル鉱山の写真集

以下、シーンさんの記事の意訳と写真です、写真はクリックすると拡大します。

ジョアキン・フェリーシオという街、ブラジルのミナス・ジェライス州セラ・デ・カブラル山の頂上にある鉱山はレムリアン・シード・クリスタルのオリジナル・ソース、最初に発見された鉱山です。

セラ・デ・カブラル山を見上げて

セラ・デ・カブラル山を見上げて

セラ・デ・カブラル山からの展望

セラ・デ・カブラル山からの展望

1990年代に5人のブラジル人の従兄弟達が、最初に1950年代にアメリカ人によって始められ、その後閉められていた水晶の鉱山を再び開けました。彼らはこの他のクリスタルとは違う、「ムーソ・グロウス・ハビット」/”the Muzo Growth Habit” として知られている、横隆起線/”horizontal ridges” の入った大量の水晶を発見しました。

他の視点からのセラ・デ・カブラル山からの展望

他の視点からのセラ・デ・カブラル山からの展望

水晶採掘現場に近づく

水晶採掘現場に近づく

幾つかの水晶はカトリーナ・ラファエルさんに送られ、彼女はこの水晶と、神話的なレムリア文明との関係について記事を書きました。

水晶採掘現場に入る

水晶採掘現場に入る

作業者さん用の小蔭と供給品

作業者さん用の小蔭と供給品

この写真アルバムは最初のレムリアン・シード・クリスタルをブラジルの出所からの視点でとらえています。どのような地質学的なコンディションで水晶が成長したかを見ることができ、また、どのようにして採掘されたのかを見ることができます。

水を汲みだすポンプと水晶のベッド

水を汲みだすポンプと水晶のベッド

水晶採掘現場を見下ろして

水晶採掘現場を見下ろして

レムリアン・シード・クリスタルの水晶ベッド

レムリアン・シード・クリスタルの水晶ベッド

レコード・キーパー・スモーキー・ピンク・レムリアン

レコード・キーパー・スモーキー・ピンク・レムリアン

2006年8月に、最後のレムリアン水晶たちが、この鉱山から採りだされました。この鉱山の所有者さん達は、もっと沢山の水晶が、この鉱山にはあると信じていたのですが、新しい場所に鉱山を開く費用と、もっと多くの水晶があるということの不確実性から、2007年3月に機材を売り、鉱山を閉めることを決めました。このアルバムの最後の写真では、水で満たされた坑道を見ることができます。

レムリアン水晶誕生の瞬間!^_^

レムリアン水晶誕生の瞬間!^_^

レムリアン水晶さんを採り出す

レムリアン水晶さんを採り出す

採りたてのレムリアン水晶さん

採りたてのレムリアン水晶さん

泥を落として、大まかな選別

泥を落として、大まかな選別

洗ってキレイにしましょう

洗ってキレイにしましょう

プレミアム・クリアー・レムリアン・シード・クリスタル

プレミアム・クリアー・レムリアン・シード・クリスタル

興味深いことに、このオリジナル鉱山が閉める準備を進めている時に、半径15キロ以内に、三つの鉱山が構築されました。

品定め中のメリルさん

品定め中のメリルさん

大きなレムリアン水晶さん達

大きなレムリアン水晶さん達

これもまた、大きなレムリアン水晶さん

これもまた、大きなレムリアン水晶さん

閉山のため、水で満たされる採掘現場

閉山のため、水で満たされる採掘現場

そして、セラ・デ・カブラル山のレムリアン・クリスタルの物語は続きます。

乞う御期待あれ、バイブレーションを合わせておいてくださいね!

Stay Tuned!

シーン・ゼンジャさんの、御厚意に大感謝です。

もっと見たい方は、シーンさんのサイトでどうぞ: 最初に発見されたレムリアン・シード・クリスタル鉱山の写真集

シーンさんの他のサイト、連絡情報はこちらです:

神秘家、水晶ディーラー: シーン・ゼンジャ

Seann Xenja

www.TreasureCrystals.com
www.CrystalEnergyFengshui.com

レムリアン・スター・シード・クリスタル物語の始まり:命名者、カトリーナ・ラファエルさんの話

2000年2月、クリスタル・ヒーラーでクリスタル・ヒーリングの学校を主宰し、クリスタルに関する本を何冊か出版している、カトリーナ・ラファエルさんが友人からレムリアン・クリスタルの存在を教えられて、このクオーツ・クリスタルの情報をを得るために、先生用コースにおいて試す事をその友人に約束しました。

ハワイで自身の主宰するクリスタル・アカデミー校の同窓会で6個のレムリアン・クリスタルとの「午後のクリスタル同調瞑想」を7人で行った時、最初に彼女が受けた感覚は、非常にパワーのある存在が人間の意識と同調する事を待っていた、という事だそうです。その時、それらの存在から非常な熱意を彼女は感じ、また、その時が、初めて彼らと人間のグループが彼らから情報を得るために意識的に同調した機会だったと感じたそうです。

その時の他の瞑想グループの人達の洞察で、彼女達は、その「存在」はレムリア以前にこの地球に住んでいて、自然な宇宙シード・システムの一部で在った事を知ったそうです。レムリアの最後の日々に、これらの水晶は特別な目的をプログラムされ、地中に埋められたそうです。

この情報を得たときに彼女は直ぐにレコード・キーパー水晶の事を思い出したそうです。

以下、彼女のリポートを意訳します。

太古のアトランティス人達は、彼らの文明が滅びる前に、レコード・キーパー水晶に彼等の偉大なる文明の叡智を記憶させました。でも、レムリアン・クリスタルは、アトランティスのレコード・キーパー水晶とは何か違っていました。私達はレムリアン・シード・クリスタルはレコード・キーパー水晶とは違い、何か特殊な情報をプログラムされたのではなく、どこか豊かな土地でクリスタルが今後、数千年の間に育つであろうと期待された場所に置かれました。これらのレムリアン・シードクリスタルは新しく生まれるであろう他の水晶に対して、周波数を発信するようにプログラムされたのです。

これらのクリスタルの伝える重要な部分は、ワンネス、ユニティ、全ての個的な部分の平等、対等、均等、どの部分も、他のどの部分よりも優れているという事はない、そして、成長/進化のためには愛は不可欠だという感覚です。

レムリアの人々は、地球上での生活をこれ以上続けられなくなった時、この星にレムリアン水晶の種をまいて、地球から他のスター・システムに移ったと言われています。しかし、多くのレムリアの人々は、地球内に移り、彼女らは、未だに、そこから地球上のケアーをしていて、今、現れているレムリアン水晶は彼女らが人類に見つけられるようにしているのです。

地球内の彼女らは、クリアーな意識テレパシーを使ってのコミュニケーションを、他のスター・システムに移って行ったレムリア人と取っていて、また、この高度に進化した存在は、自分達のユニティを保っています。最近、地球上に現れたレムリアン・シード・クリスタル達は、ホログラフィック・コネクションを地球内部、地球上、そして他の星雲の間に創る手助けをしています。

このホログラフィック・コネクションはレムリアン・シード・クリスタルと、他の地球内と地球上にあるクリスタルとをリンクしていて、水晶と人間のマグネティック・フィールドを統合し、人間のマグネティック・フィールドと地球も統合し、そして、地球と複数宇宙とも統合しています。

これらのレムリアン・シード・クリスタルの主な役割の1つは、完璧なホログラフィック・ユニティを創る事です。これに必要となるのは、だた1つだけのレムリアン・シード・クリスタルが、他の全てのシード・クリスタルと繋がる事だけです。このエネルギッシュなコネクションは地球全域にエネルギー・グリッドを創り、それは私達を内なる世界と、また、外なる世界とも繋げます。

横の線は、これらの水晶にレーザーで書き込まれたように思われます。これらは、肉体的に生き、また、個人的でありながら、いかにユニティを保つかについての知識を持っているかのようです。

私達がリニア(三次元的、世俗的)になった時、どのようにして、意識的に繋がり続ける事が出来るでしょうか?私達が、私達自身をケアーするのと同じように、どのようにして、他の全ての生き物をケアーしたらよいのでしょうか?どのようにして、地球の環境を、私達の身体であるかのようにケアーする事が出来るでしょうか?レムリアン・シード・クリスタルは脳の部分で最も直感、動物的な大脳辺縁系(自律神経機能・情緒などをつかさどる部分、だそうです)を刺激し、脳脊髄液(脳室系とクモ膜下腔を満たす、リンパ液、だそうです)を高周波数で刺激します。

そうする事で、もしも、ホログラフィック送信が受信されたかのように、私達の意識が時間的で世俗的な事柄と、同等に、神性と宇宙的な事柄を含められるように進化する事を助けます。

——-

彼女のチャネリングしたメッセージは、非常に重要で、愛に溢れた素晴らしいメッセージです:

「これらのクリスタルの伝える重要な部分は、ワンネス、ユニティ、全ての個的な部分の平等、対等、均等、どの部分も、他のどの部分よりも優れているという事はない、そして、成長/進化のためには愛は不可欠だ、という感覚です」

カトリーナ・ラファエルさんは、初めてこのレムリアン・シード・クリスタルと一緒にセッションをした時:

私達はユニティと愛を全ての監獄、病院、戦争地区、孤児、軍施設、学校、家、そして地球の全ての人のハート 💛 に送りました。”パワフルな存在” はこの瞑想の間、私達と共に在り、そのエネルギーは非常に強いものでした。

と、愛を分け隔てなく送ったそうです。

このサイトを見つけた方はご存じの方が多いと思いますが、ハワイのヒーリング方法にホ・オポノポノ(Hoʻoponopono)という、愛をベースとした方法がありますが、元々レムリアの一部で、世界で12ペアーあるパワー・スポットの一つであるハワイで、神秘家である命名者がレムリアン・シード・クリスタルと瞑想をした時に複数次元的存在から受けたメッセージが愛をベースとしている、というのは、シンクロしていて面白く、また、とても気持ちの良い話です。